NAET® アレルギー除去療法とは?

アレルギーとアレルギー関連症状のための革新的、自然の解決法


NAET ®症例 ─「病気よ、さようなら」より抜粋


中耳炎の1歳の娘ピーナツアレルギー背痛が消えた痛風性の関節炎踵の痛み食欲不振
1日おきに風邪を引いたような調子になる多発性のアレルギー過敏性腸症候群クローン病卵巣の痛み
じんましんピーナツアレルギービタミンA、魚、貝のアレルギー大豆たんぱく
生活の質が改善した!気管支ぜん息頭痛、アレルギー性鼻炎花粉症と気管支炎

Say Good-Bye To Illnessより抜粋

【中耳炎の1歳の娘】
1歳の娘が風邪を引いて発熱すると必ず中耳炎を患う。これが半年も続く。医者に抗生物質を6-7ヶ月処方されるが再発はとまらない。NAET®の施術を受けると直ちに鼻水がとまり、風邪も中耳炎も改善した。7つの項目の施術が終了したあと、かかりつけの小児科医に行くと、健康状態は95%と太鼓判を押された。

【ピーナツアレルギー】
娘と息子はピーナツバターにアレルギーがあるため、これまで何度も救命室に運ばれたことがある。ちょっと嗅いだだけでも病院行きだ。NAETのおかげで、ピーナツを食べられるようになり、アレルギー反応は出ない。

【背痛が消えた】
ずっとあらゆるアレルギーを患い、医者からは上手に付き合うほかはないと言われた。顔、唇、眼に発赤が出ると腫れてかゆくなる。薬をもらうとやや軽くなるが、じきに再発する。ある日背中がひどく痛くなりがまんできないほどになった。肋骨が骨折し、骨折した破片が突き刺さったような感じがした。医者に行ってもレントゲンを撮り、暖めたり冷やしたり、薬をくれるだけで、改善しなかった。NAET®の検査で、甲殻類(カニ、エビ)が原因だと言われた。1回の施術で、痛みはなくなった。信じられない。

【痛風性の関節炎】
20年以上前、痛風性関節炎と診断された。背中と腰と腎臓の部位に痛みがある。医者に赤味の肉を一切とらないように言われる。妻がNAET®で気管支ぜん息がよくなると、しきりにこの施術を受けるように勧める。言われるままに来ると、「魚が原因」と言われる。本当にそうかなと思いながら施術を受けると、施術後すぐに背中の痛みがとれた。それ以来13年、痛みは再発していないし、魚も食べられるようになっている。

【踵の痛み】
6ヶ月以上右側の踵に痛みがある。1円玉ほどの大きさだ。NAET®の診察を受けると、「胡椒だ」と直ちに言われる。施術後痛みが消え、再発していない。

【食欲不振】
17歳のときからひどい食欲不振を患う。ボーイフレンドと失恋したあとは特に自分がデブで醜いと感じた。ショックのあまり食欲がなくなる。体重は40Kgに減った。身長は165cmあるというのに。新しいボーイフレンドは私の問題の所在に気がつかせてくれた。NAET®の施術を受けることを勧めたが、両親は伝統的な西洋医学のみを信じていたので、彼の支援がなければNAET®の施術は続けられなかっただろう。5回の施術で変化が現れ、18回の施術で体調はすごくよくなった。まだ少し、アレルギーが残っているので、今では3ヶ月に1回施術を受けている。

【1日おきに風邪を引いたような調子になる】
20年前、ほぼ1日おきに「24時間ウィルス」に罹り始めた。いつも気分が悪くなると、かかりつけの内科医はそう言っていた。ついには、「気のせい」だからと言って、躁鬱病のリチウムを処方しようとした。幸い、顧客の一人が内耳の問題かもしれないから耳鼻科医に行くように勧めた。幸い、副鼻腔炎が見つかり、抗生剤と洗浄を数週間受けた。耳鼻科医は何かアレルギーの食物を摂っている可能性があると言ったので、アレルギー専門医を次々と訪れることになった。数年間数千ドルを使って、最後に副鼻腔の手術を受けたが、風邪のような発作は収まらない。抗生剤も効かなくなった。チーズならどんなものでも最悪のアレルギー源であることがわかった。ちょっとでもチーズを食べると、数日間ひどい病気になる。ある日、突然私の人生が根本的に変わった。NAET®との出会い。この施術を受けたあと、チーズを食べても症状は出なくなった。施術を受けたのが1989年今が1999年だから、10年以上も好物のチーズを楽しんでいる。

【多発性のアレルギー】
最初にNAET®の施術を受けたときには、これまでのアレルギー治療のため、食事、呼吸でいろんな制限がありました。食べ物、化学品、空気汚染物、カビなど、さまざまなものにアレルギー反応があったのです。NAET®の施術を受けて2年、今ではまったく別世界の食物、衣服、空気があることがわかりました。

【過敏性腸症候群】
子どものときから、ある種の食べ物を摂るのが大変でした。大きくなるにつれてだんだんそれがひどくなる。21歳のときには、少しの穀物、非脂肪性の食物、いくつかの果物しか食べられませんでした。23歳の時には、何も食べられなくなりました。ちょっと食べただけでもひどく腹痛がします。あらゆる治療を受け、あらゆる薬も飲む。過敏性腸症候群と診断され、この病気には治療法はないといわれました。体重は45-50kgの間を行き来しました。NAET®に出会うまで、アレルギーが原因だとは知りませんでした。てっきり自分の腸が弱いからだと思っていたのです。NAET®の施術により、腹痛もなくなり、体重も増えました。過敏性腸症候群の人へのアドバイス。トンネルの出口に光があります。NAET®の希望があります。

【クローン病】
ほぼ人生を失いかけました。クローン病と呼ばれる極めて心身を衰弱させる病気に罹ったからです。病院の入退院の繰り返し。治療はステロイド剤の大量服用で、非常に副作用の大きなものでした。いったんこのステロイド剤を大量に服用すると中断するのが難しくなります。NAET®が私の命を救いました。施術後数回で、ステロイド剤を35mgから5mgに減らしても、出血や餓死や病気の再発はありません。

【卵巣の痛み】
長い間に健康状態が悪くなり、食べられるものが野菜と自家製のパンだけになってしまいました。膵臓の消化液に問題があり、たんぱく、米、果物、生鮮品、砂糖が消化できない。検査では、高血糖でも低血糖でもありません。医者は炭水化物に対する低血糖ー高血糖反応があると診断しました。また、左卵巣の部位に腹痛があります。超音波検査では卵巣嚢腫ではなくわずかな線維様の子宮が見つかっただけです。身体的には問題ないのに、この痛みは年を経るごとに悪くなりました。NAET®で砂糖アレルギーを除去したあとから、この卵巣の痛みは軽減し、長い間の苦痛から解放されました。

【じんましん】
 7年前、エビカニ類、魚などの海産物にアレルギー反応が出るようになる。海辺で育ったので、ずっと海産物を食べ続けていたのに。たいてい、じんましんはみみずばれとなり、治るまで数週間続く。NAET®の施術を受けて、今ではエビ、ハマグリ、ホタテガイなどを食べられるようになった。私はビタミンC、チョコレート、胃酸にもアレルギーがあったので、これらも治していただいた。 

【ピーナツアレルギー】
 19歳の学生。ずっとピーナッツアレルギーを患う。ちょっとでもピーナッツを食べると、全身にじんましんが吹き出て、ひどい気管支炎になる場合が多い。抗生剤は効きません。非常に落ち着きがなく、刺激に過敏で、怒りっぽく、気分に流されやすくなりました。頭が痛くなり疲労感が出て気分が落ち込み勉強をやる気が出ない。ピーナツを食べて数分すると脚がぶるぶる震えてしまう。毎日風呂に何時間もつかる。2ヶ月ほどしてようやく気分が良くなり、NAET®を紹介される。すべての基本物質、ピーナツ、ピーナツオイル、ピーナツバター、ピーナツの匂い、アスパラガスの項目を完了しました。こうしてピーナツがクリアされると、もう2度とピーナツ反応は出なくなった。ときどき、ピーナツのバターサンドイッチやクッキーアイスクリームを食べるが、悪い反応は出ません。

ページのトップ

【ビタミンA、魚、貝のアレルギー】
ここ数ヶ月毎日のように顔やくびにじんましんが出ます。伝統的なアレルギー治療法には救いがなかった。診察を受けると、たくさんの食べ物にアレルギー反応が出て、どの食べ物が私の問題の原因なのか特定できません。基礎的な物質から施術が始まると、施術のたびに少しずつ改善。やがてビタミンAミックス(魚、貝、にんじん、ビタミンA)の施術を受けると、激しい反応が出ました。施術後25時間のあいだ、じんましんと皮膚の湿疹はひどくなる。その晩高熱が出てぐったりする。施術が失敗したのではないかと思い、その晩再診察を受けると、治癒反応であるとのこと。これにはびっくりしました。翌日になると、身体に突然エネルギーが沸く。すてきな波動が身体を流れるのを感じる。鏡をのぞくと信じられない!くびや顔がきれいになっている。じんましんも湿疹もない。海産物のアレルギーが私のじんましんの原因だったのです。以来、じんましんや湿疹にかかったことはない

【大豆たんぱく】
どんな酪農製品や大豆製品を食べても胃や腸が痙攣を起こしてしまいます。私が赤ん坊のときは仙痛と言われました。それ以来の持病です。胃腸の痙攣は牛乳、カルシウム、大豆を食べて5-10分すると起こる。施術を受けると、これらの食べ物をとっても痙攣は起きません。私の母も同様の症状があったので施術を受けて良くなっています。

【生活の質が改善した!】
NAET®の施術を受ける前、病院で受けたアレルギー検査では50の食べ物がアレルギーとわかりました。疑いのある食べ物となったらそれこそ無数。食事はわずかなものに限定され、毎日同じ物を食べていました。やがてそれらの食べ物のアレルギーとなってしまう。この病気のおかげで、仕事も変わる。年間10万キロも旅をする管理コンサルタントから小事務所の事務屋に。家族や友人にイタリア料理をつくるという夢も消えました。人生や活動に支障が起こるだけでなく、私の健康と精神状態を損なうことがもっとも大きい。施術を受けて2ヶ月すると、生活の質が改善しました。少しずつですが確実に。少しずつ食べられるものが増えています。ミケランジェロは「考えはあっても中に閉じられている。やることはその石を除くことだけだ」と書いている。まさにこの施術はアレルギーを除き、健康でより良い生活のための戸を開けた。希望の光である。

【娘の気管支ぜん息】
私の娘は10歳のときに気管支ぜん息に罹りました。ほぼ17歳になるまで、あれこれの医者にかかりましたが、問題はわからずじまい。なかには「気のせい」とまで言う先生もいました。ぜん息の薬を処方されてもよくならない。強い薬を飲んでいると、元気がなくなり、毎日頭痛が起こる。大学をやっていけるかどうか不安になったので、ホリスティックの健康ケアの治療家に変えてみました。幸運なことに、鍼灸師でハーブカウンセラーの人をたまたま知り、予約を入れました。診察で小麦とチーズにひどいアレルギー反応があることが判明。これで納得しました。娘は菜食主義者で小麦とチーズをたくさん食べていたのです。これらの食事を止めてハーブのサプリメントを摂ると別人のように元気になりました。この先生はNAET®の研修を受けたあと、このテクニックに基づいた新たな施術計画を実施しました。これまでのすばらしいケアに加えて劇的で驚くべき効果のある施術を行ってくれたのです。アレルギーは小麦、イースト、酪農製品、砂糖、雑草、芝生が見つかり全部クリアされました。これまでこれらの食品を食べると胃腸の調子が悪くなり、ぜん息を誘発したものでしたが、もうそういうことはありません。

【息子の気管支ぜん息】
4歳の息子がひどいぜん息の発作に苦しんでいるとき、NAET®の施術を受けました。肺に当てられた聴診器に耳を当てると、なんとすさまじい音でしょう。水化学品のNAET®施術を受けた直後に肺の音を聞くと、完全に正常な音に戻っていました。

【頭痛、アレルギー性鼻炎】
副鼻腔性の頭痛、息切れ、咳、鼻炎、ぜん鳴を持っていた私は1年前にNAET®の施術を受けました。最初の2ヶ月で頭痛はほぼ90%軽くなり、咳やぜん鳴も事実上消える。この施術にたいへん満足しており、これまでに何人かの人を紹介した。

【花粉症と気管支炎】
12歳のとき以来花粉症と気管支炎を煩う。イースト、花粉、草、花、香水、かびに対するアレルギーの施術を受け、完全に症状が消えました。過去13年間症状が出たことはありません。




Copyright ©2017 MASUDA CHIROPRACTIC.─無断複製使用禁止─